ハードカバーのノートブックは、固いボール紙で本文をくるんだ、しっかりとした装丁のノートです。

ノートというより「本」に近いイメージです。角背と丸背の2種類を制作しています。

角背は背中が四角くなっている本、丸背は背中が丸みをおびている本をいいます。

本文(中のノートの部分)は糸で手縫いしておりますので強度があり、ページが脱落する心配がありません。

本の上の方に見えているカラフルな部分を花布(はなぎれ)と言いますが、紙がばらけないように本文に縫い込んで作っております。

背中は寒冷紗(かんれいさ)、和紙やクラフト紙で補強し、繰り返しの開閉にも壊れないようにしてあります。

本の背部分のボール紙と本文は接着しておりません。そのため、しっかりと本文を開いて中に書き込んで頂くことが出来ます。

本文の用紙は、現在3種を採用しております。

・淡クリームキンマリ 84.3g/㎡ (淡いクリーム色)

 書籍などに使用され、サラサラした書き心地の紙。目に優しいクリーム色。ツルッとしています。

・OKプリンス上質 70.0㎏ (白色)

 ノートや書籍の本文用紙によく使用される紙です。いかにもノートらしい白色。ツルッとしています。

・OKプリンセス 46.5㎏ (淡いクリーム色)

 嵩(かさ)のある紙ですが軽く、優しい風合いが魅力的な紙です。フワッとしています。